COVID-19の影響でキャンパスはしばらくの間クローズしていますが、オンラインでコミュニティを展開しています。

オンラインのプログラムやウェビナー、ワークショップなどの最新の情報をチェックするために、ぜひ Google for Startups Japan のニュースレターにご登録ください。

Campus Tokyo, Google for Startups Accelerator Tokyo, Google for Startups

Google for Startups Accelerator

Started by you. Accelerated with Google.

応募する
スタートアップを対象としたオンライン アクセラレーター プログラム, Google for Startups Accelerator, Campus Tokyo, Google for Startups

スタートアップを対象としたオンライン アクセラレーター プログラム

Google は、 スタートアップを対象としたオンライン アクセラレーター プログラム「Google for Startups Accelerator Class 4 」を実施します。2021 年 9 月 16 日(水)より参加スタートアップの応募を開始し、2022 年 2 月 よりプログラムを開始いたします。

Google for Startups Accelerator では、SDGsに沿った持続可能な産業化の促進、AIやIoTなどの技術を活用することで、経済発展と社会的課題の解決を実現するスタートアップを支援しています。

このプログラムは、すでに商品またはサービスを市場に投入し、市場的価値が見込まれ、スケールする将来性があるスタートアップを対象に、これからの成長に備えるためのサポートを提供します。テクノロジーを活用した社会、経済、環境といった様々な分野の問題解決への取り組みを加速し、ひいては、スタートアップの成長が日本経済のさらなる活性化につながることを期待しています。ぜひご応募ください。

Google for Startups Accelerator 活用の利点

  • Google 社員によるメンター制度:Google Cloud、Google Ads チームをはじめとする様々なチームのエキスパートからのアドバイスや Google のテクノロジーや製品、サービス、さらに人的ネットワークを活用する機会を提供します。ベスト プラクティスの共有に加え、企業や製品に関する大枠の戦略策定サポートも提供しています。
  • トレーニング プログラム:参加企業は機械学習や人材獲得・育成、製品開発管理に関する各種トレーニングを受講できます。機械学習など技術の活用を中心としたものからリーダーシップ トレーニングに至るまで、スタートアップが必要とするサポートを幅広く提供します。
  • スタートアップ エコシステム(コミュニティ)への参画:異業種のスタートアップや VC、エンジニアコミュニティ等との交流を通じ、人的ネットワークの拡大にも貢献します。
Google for Startups Accelerator 活用の利点, Google for Startups Accelerator, Campus Tokyo, Google for Startups

Google for Startups Accelerator が求めるチーム

  • 技術およびビジネスのチームが確立している。
  • 既に商品またはサービスを市場に投入し、市場的価値が見込まれ、スケールする将来性がある。
  • 売上または資本金を持つ(6 ヶ月以上の運転資金)。
  • 知識を共有し、Campus コミュニティおよび、より幅広いスタートアップ エコシステムの成長に貢献する意思がある。
  • 将来の展開と影響力に関して、高い可能性を持つ。
  • 経営チームは英語でのコミュニケーションが可能である。

主な日程

  • 募集開始

    2021 年 9 月 16 日(木)
  • 募集締め切り

    2021年 11月 12日 (金) 18時
  • 選考結果発表

    2022年1月(予定)
  • プログラム・ブートキャンプ 1

    2022年 2月 21-25日 (予定)
  • プログラム・ブートキャンプ 2

    2022年 4月 5-7日 (予定)
  • プログラム・ブートキャンプ 3

    2022年 5月 25-27日 (予定)
three people with statue

Meet our Alumni

“Always remember why you started”

自分たちのビジネスを言語化して課題をメンターに伝えること、OKRを通して体制を見直したこと、Fouders Lab、プログラム全ての瞬間で、“why you started?” と問いかけられているような気分でした。結果として、それが、コロナ禍を乗り切る大きな原動力になりました。

- 樋口亜希 株式会社Selan 代表取締役