3 people at conference

Google for Startups Accelerator

Started by you. Accelerated with Google.

応募する

社会課題解決型スタートアップ向け Online Accelerator Program

Google は、「社会課題をテクノロジーで解決に導く」 スタートアップを対象としたオンライン アクセラレーター プログラム「Google for Startups Accelerator Class 3 」を実施します。2020 年 9 月 15 日より参加スタートアップの応募を開始し、2021 年 1 月 よりプログラムを開始いたします。

Google for Startups Accelerator ではこれまでも日本の経済や社会に貢献するさまざまなスタートアップへの支援を行ってきました。

過去に日本のアクセラレーター プログラムに参加された Selan は、子どもを対象としたバイリンガル講師によるお迎えサービスの取り組みにより、教育、女性の活躍のサポートに貢献されています。また、同じく過去の EMEA アクセラレーターに参加した mDoc は、慢性疾患のある人々がアプリを通じて治療を受けられるように支援することで、医療と健康の分野に取り組んでいます。プログラムはテクノロジーを用いて社会課題を解決に導くスタートアップを対象としています。

このプログラムは、すでに商品またはサービスを市場に投入し、市場的価値が見込まれ、スケールする将来性があるスタートアップを対象に、これからの成長に備えるためのサポートを提供します。テクノロジーを活用した社会、経済、環境といった様々な分野の問題解決への取り組みを加速し、ひいては、スタートアップの成長が日本経済のさらなる活性化につながることを期待しています。ぜひご応募ください。

Google for Startups Accelerator 活用の利点

  • Google 社員によるメンター制度:Google Cloud、Google Ads チームをはじめとする様々なチームのエキスパートからのアドバイスや Google のテクノロジーや製品、サービス、さらに人的ネットワークを活用する機会を提供します。ベスト プラクティスの共有に加え、企業や製品に関する大枠の戦略策定サポートも提供しています。
  • トレーニング プログラム:参加企業は機械学習や人材獲得・育成、製品開発管理に関する各種トレーニングを受講できます。機械学習など技術の活用を中心としたものからリーダーシップ トレーニングに至るまで、スタートアップが必要とするサポートを幅広く提供します。
  • スタートアップ エコシステム(コミュニティ)への参画:異業種のスタートアップや VC、エンジニアコミュニティ等との交流を通じ、人的ネットワークの拡大にも貢献します。

  • Google が社会課題解決型スタートアップを支援する理由:

    Google はテクノロジーが社会をより良くしていくと考えています。私たちは社会の大きな課題を解決するためのアイデアを持つスタートアップをテクノロジーの力で支援したいと考えています。

  • 対象となる課題エリア:

    • 高齢化社会と労働力の減少
    • エネルギー、環境、持続可能性
    • 地方(農村など)活性化
    • 医学、健康、ウェルネス
    • 教育
    • 多様性、インクルージョン、社会的平等

Google for Startups Accelerator が求めるチーム

  • 技術およびビジネスのチームが確立している。
  • テクノロジーを用いて、意義ある、大きな社会課題を解決しようとしている。
  • 既に商品またはサービスを市場に投入し、市場的価値が見込まれ、スケールする将来性がある。
  • 売上または資本金を持つ(6 ヶ月以上の運転資金)。
  • 知識を共有し、Campus コミュニティおよび、より幅広いスタートアップ エコシステムの成長に貢献する意思がある。
  • 将来の展開と影響力に関して、高い可能性を持つ。
  • 経営チームは英語でのコミュニケーションが可能である。
  • Google アカウントを持っている。

主な日程

  • 9月

    2020年9月15日

    募集開始

  • 10月

    2020年10月30日 18:00

    募集締め切り

  • 1月

    2021年1月

    Google for Startups Accelerator 開始

Meet our Alumni

“Always remember why you started”

自分たちのビジネスを言語化して課題をメンターに伝えること、OKRを通して体制を見直したこと、Fouders Lab、プログラム全ての瞬間で、“why you started?” と問いかけられているような気分でした。結果として、それが、コロナ禍を乗り切る大きな原動力になりました。

- 樋口亜希 株式会社Selan 代表取締役